これからの『プラス一歩みなと』の活動とは?みんなで話すキックオフミーティング

11月25日(土)、プラス一歩みなとの記念すべきはじめの一歩、キックオフミーティングを芝の家で行いました!

このキックオフミーティングは、これから私たちの「プラス一歩みなと」をどのようなものにしていったらいいか、みなさんのご意見を聞いたり、一緒に考えたりする場として開催することにしたのです。
黒板にもイベントの開催をでかでかと書きました。これでイベントをやっていることは伝わるはず!(笑)
お菓子の差し入れもいただきましたよ。(^-^)

Facebookのイベント告知や、ご近所イノベーター養成講座のメーリングリストなどで告知し、おかげさまで地域のコミュニティに関心のある方や、ご近所イノベーター養成講座の卒業生の方、近くにお住まいの方などいろいろな方に集まっていただけました。来ていただいてほんとにうれしかったです。

イベントではまず「プラス一歩みなと」がどのような経緯で生まれたか、何を目指しているのかをスライドで説明。

そのあと、それぞれ自己紹介をしてご意見やご質問を伺いました。

・Webの情報を欲しい人にどうやって届けるのか
・他のサイトとの差別化は?
・動画の編集など時間がかかるものがあるので続けられるのか
・収益化に時間がかかりそう
・ターゲットを絞った方がいい

などいろいろなご意見やご質問がありました。
たしかにもっともなご意見ばかりで、私たちに限らずコミュニティを運営する人たちにとっても悩みどころなのではないでしょうか。

最後に運営するWebサイトについてと、これから開催していくイベントについてのご意見を伺いました。

まず他の同じような活動の運営でも悩みの種である活動時間について。
忙しい中で活動を続けているので、時間を確保するのには苦労しますよね。
その答えとして「活動日を決めてしまう」というのがありました。

そしてWebの記事の内容として、「活動」に焦点をあてるのか、「人」にあてるのかという話もでました。
結論としては「活動」にまず興味を持ち、そのあとどんな人がやっているのかに興味を持つということで、活動に焦点をあてることに。

動画については「長すぎると見ない」という意見もありました。興味をもちそうな短い動画にしていくことが必要そうです。

あとはイベントを告知する方法について。
いろんなイベントに出かけて行って、そこに来た人に告知をしたり、人づてで伝えていくのが有効かもということでした。

お菓子を食べながらくつろげていたせいか、みなさんいろんな意見を話していただきました。
最後はみんなでお片付け。そのあと懇親会に流れる方々も。

私たちの活動に関心を持っていただいていることがわかって、勇気づけられるイベントでした。
メンバーで今回のご意見について話し合い、お互いの目標を明確にして、みなさんの「はじめの一歩」をお手伝いできるようがんばりたいと思っています!

本当にありがとうございました(^-^)

文・写真:岩瀬友理